2017年の松山英樹プロの年収がきになる

世界で戦っているだけに賞金もすごいし、

年収もすごいことになっているはず。

さらに大手企業とスポンサー契約を結んだことですごいことになってそうだ。

松山英樹プロ2017年の年収は!?

2017年ー2018年の松山英樹プロの賞金ランキングは33位

2017年は4回優勝ですがヒーローワールドチャレンジが賞金ランキングの対象外です。

 

賞金総額737、213ドル(約8億30万円

 

さらに、試合の獲得賞金だけでなく

テレビ出演料に加えて、提携企業の

スポンサー契約金がある。

 

提携企業

・LEXUS(レクサス)

・ロレックス

・ANA(全日空)

・ダンロップスポーツ

 

これを考えると少なく見積もっても

年収約12億円は超えているはず!

ゴルフの世界は桁が違いますね。

 

この中からトレーニングやキャディ、

移動費なども引かれるとすると手取りの金額はもう少し下がると思いますが

それでも10億はありそう。

キャディ進藤大典の年収も高額

松山選手の専属キャディをしている

進藤さんの年収は非公開となっていますが数千万円と言われています。

 

というのも、専属のプロキャディが

一つの大会やツアーで選手から貰う収入は1週間の帯同で約10万円。

単純計算で月収で40万円

 

さらに選手が獲得した賞金から、

・予選通過:5%

・10位以内:7%

・優勝:10%

がプロキャディさんに支払われます。

 

2017年、松山選手が賞金で約8億円獲得したことからもザックリではありますが、

それだけで年収約8千万円と言えます。

 

プロキャディになると儲かりますね。