2018年ダイキンオーキッドレディストーナメント初日の結果速報

中間地点では森田遥、高橋恵、ペ・ヒギョンが4アンダーで首位タイと混戦

それに2打差で鈴木愛、松森彩夏、川岸史果、佐伯三貴、カリス・デイビッドソンら8人がつけていましたね。

トーナメント初日とあって前半は手堅く行くといった感じでしたが森田遥、川岸史果とがきた!

初日の首位はこちら

森田遥

1イーグル4バーディ2ボギーの67でまわり5アンダー

川岸史果

6バーディ、1ボギーの67でまわり5アンダー

森田遥の逃げ切り首位かと思われましたが川岸史果が最終18番でバーディを決め森田を逃がさなかった。

川岸史果は後半の追い上げがすごいですね。

13、14で連続バーディを奪うと16,18でもバーディ

ただ17番のボギーがなければ単独首位になれた可能性もあっただけに惜しかったですね。

1打差3位タイ 4アンダー

高橋恵、ペ・ヒギョン

高橋恵

7バーディ、3ボギーの68でまわり4アンダー

結果だけ見ればいいですが、前半の2連続バーディをきめたあとの2ボギー

後半も4つ伸ばしたがボギーを1つだしていた。

鈴木愛は後半追い上げか?

昨年の賞金女王の鈴木愛は2バーディで7位タイ

トップ10に入ってはいますが優勝争いに絡めるか微妙ですね。

賞金女王になった選手の特徴として、賞金女王になった翌年のゴルフがダメになるんですよね。

浮かれすぎているのか?

2日目に期待です。